田舎暮らし

都会から田舎に移住してから分かった、良かったこと・悪かったこと


田舎に移住してから分かった
良かったこと・悪かったこと

こんにちは、田舎暮らし中のゴローです

田舎に移住する前には徹底的に、
いろんな情報を取り寄せて予備知識をつけました。

相当な覚悟を持って都会から田舎に移住してきましたが、
想像以上に良いことも悪いこともたくさんありました。

ゴロー
田舎に限らず住んでみないと分からないことはたくさんありますよね

田舎の良いところも悪いところも住んでみないと分からない

虫たちの恐怖!特にムカデに怯える!!

最初に嫌なことを書きますm(_ _)m

虫です!

自然が多い田舎ですからある程度、
覚悟はしていました!

ですが!

田舎暮らしを10年を続けていても、
未だに慣れることができないのが大きな虫さんたちの訪問です。

中でも大ムカデ・大ゲジ・大クモの存在。

冬以外の温かい時期はコヤツたちが、
どこからか家に侵入してきます。

大クモや大ゲジが家に入ってきた時は特に悪さをするわけではないので、
なんとか虫取り網で捕まえて外に逃がしますが、

厄介なのがムカデです!

コヤツは危険なので逃がす訳にはいきません!

ムカデが活発なシーズンには家の周りに忌避剤などを撒いて侵入を予防していますが、

それでも10~20cm級のムカデが年に数回家に入ってくることがあります。

特に梅雨シーズン
奴らはジメジメした季節が大好きなんです。

いまだに発見するとドキッとします!
あのムカデの姿形が生理的に無理なんです!!

ムカデに噛まれると激痛や腫れ、発熱などあり、
スズメバチなどと同じくらいに危険なヤツです。
なので見つけたらすぐに冷凍スプレーで凍らせてやっつけます!

冬が終わり春が近づいてくると嬉しい反面、
またムカデとの戦いの始まる憂鬱さで毎年なんとも複雑な気持ちになるのです。

胃が痛まなくなった

虫は嫌だけどそれを上回るほどいいことがありました。
それは慢性的な胃の痛みからの解放です!

会社員時代のゴローは慢性的な胃炎でした。
メンタルの弱さもあって毎日のように胃痛に悩まされていました。

毎年健康診断で胃カメラを飲むのが恒例でしたねー・・・

胃潰瘍と診断されましたが手術が必要なほど重症ではなかったので、
どうにもツライときだけ市販の胃薬で痛みを抑えていました。

それが田舎に移住してからはそれがいつの間にか胃の痛みが消えてました。

田舎ならではのゆったりとした時間の流れやツライ人間関係、嫌な仕事からの解放。

やはりストレスが激減したのが一番の要因だと思います。

個人事業主をやっていると会社員とは違うストレスはありますが、
トータルでは会社員よりは楽なんでしょうねー。

 

地元新聞が薄っぺら

神奈川県に住んでる頃は読❍新聞とかを購読していましたが、
田舎に移住して地元新聞を購読するとあまりに薄くて最初はビックリしました。

だいたい2枚で4ページ
夕刊ありません
チラシも少ないです

ローカルに特化してるんですから当たり前ですよね。

また、記事の内容も万引きで捕まったり、無銭飲食で捕まったりなど
「こんなことまで記事になっちゃうんだー」
と、驚きでした。

平和なんですよね。

でも、薄くても地元の必要な情報は濃く掲載されているし、
短時間で読めるので楽チンです。

古新聞が溜まりづらいのもいいですよ。

バスは1時間に1本

車中心の生活なので、あまりバスの時間は関係ないのですがバスの本数は少ないです。

実際の利用者は地元の方ではなく観光客の方が多いです。
狭くてカーブが多い道なので運転手さんも大変です。

街灯がないので夜歩く時は懐中電灯は必需品

夜はとにかく真っ暗なので夜道を歩くのはとても危険です。

都会では街の明かりが煌々としていたので、懐中電灯を持って夜道を歩くのは新鮮でした。

暗い道を明るく照らすのも目的ですが、
何より走ってる自動車に歩行者の存在を知らせることが大切なんです。

真っ暗なので星がよく見える

夜が真っ暗ということは星がたくさん見えます☆

部屋の窓からでも流星群をたくさん見ることができました。

田舎ならではの贅沢です(≧∇≦)/

 

飲みにいくことがなくなった

移住前は頻繁に駅前などの居酒屋で飲んでました。
ゴローも奥さんもお酒大好きなんです♪

現在ゴローの家の周りには居酒屋などは一軒もありません。
居酒屋行くとなると車で移動して、帰りは代行を使わなければなりません。

これが面倒くさいので必然的に家飲みが多くなりました。
酔っ払っても、そのまま寝れるので家飲みも良いものです。

痩せた

これは外飲みが減った副産物だと思ってます。
居酒屋のつまみとかってカロリー高めですもんね。

またストレスが減ったことも要因としてあると思います。
年に一回の特定健診でも数値がよくなりました。

足腰が弱ってきた

健康になってきたことと矛盾するようですが、
普段、家で仕事をしているので通勤がありません。

移動するとしても車だし、
このような生活を送っていると歩かなくなります(-_-;)

時々、街の階段を登ると、とても体が重いです。息切れします。

都会暮らしの時より確かにストレスは減ったけど、
運動量も確実に減っています。

ゴミ出しが楽ちん♪

これは田舎といっても我が家ならではのことですが、
自治会や町内会がないので、民間のゴミ業者さんと直接契約をして
自宅まで家庭ゴミを回収に来てもらっています。

なにが楽かって
自宅の敷地内なので24時間365日いつでもゴミが出せること♪

これは高級マンション並のサービスと同じ!
有料ではありますけどね^^; 

湿度が高い

ゴローの家の周りの環境はコンクリートよりも自然がたくさんあるので、
やはり湿気がすごいです。

特に梅雨時や秋になると雨が降ってなくても湿度が70%を越える日も珍しくないので、ちょっと目を離すとカビにやられます。

この時期は扇風機を回して風通しをよくして対処しています。

まとめ

田舎に限らず良いところも悪いところも、そりゃありますが、
不満点をいろいろ工夫して良くしていく過程も楽しいです。

質素な田舎暮らしでもストレスがないことがどんなに幸せなことか、
こうやって書き出し見るとしみじみ分かりますね(^o^)

ここまで読んでいただきありがとうございました。

-田舎暮らし

© 2021 イナカログゴーゴー Powered by AFFINGER5