商品レビュー

ジャパンネット銀行から極薄カードタイプの新しいトークンが届いた

ジャパンネット銀行のカード型トークン

こんにちは、田舎暮らし中のゴローです。

先日、ジャパンネット銀行から新しいトークンが送られてきました。

封筒で厚みが感じられなかったので開けてビックリ!

ゴロー
めっちゃ薄い!

厚さはわずか0.8mm!

ジャパンネット銀行の新しいトークンは薄いカード型になっていました。

トークンとは?

ネットバンクの振込などで使うワンタイムパスワードを表示してくれるツール。

新しいトークンへの切り替え登録はカンタン♪

トークン切替説明用紙
同封されていた紙の切替説明書

新しいトークンが到着後、ジャパンネット銀行にログインすると、
即座に新しいトークンの切替登録を促される画面が表示されます。

でも、切り替えはとってもカンタン♪

1.暗証番号を入力
2.新しいトークンのシリアル番号を入力
3.新しいトークンのワンタイムパスワードを入力

これだけなので、かかった時間も1~2分くらい。

最近になって新しいトークンに変更になったのかと思ったら、2016年11月より変更していたのですね。

新・旧型トークンの比較

ジャパンネット銀行トークンの新型・旧型比較
キーホルダー型からカード型へ進化

カード型になったので財布などで持ち運びができるようになり、カード入れでも保管できる。
厚みは0.8mmと薄いですが、ボタンはポチッ体感しやすく押しやすいです。

ワンタイムパスワードの表示は電子ペーパー
旧トークンより表示が大きく・クッキリ・テカらなくなり、とても見やすくなりました。
ワンタイムパスワード表示部は液晶ではなく電子ペーパーなのでコストもかかっているようです。

ワンタイムパスワード表示を消せるようになった
旧トークンでは常時ワンタイムパスワードが表示されていましたが、新トークンではボタンをもう1度押すことで消すことができます。
もし、そのまま放置していても30秒ほどで自然に消えます。
短時間で変わっていくワンタイムパスワードの常時表示でも嫌がるユーザーがいたらしいので新型では消せるようにしたとのことです。

三井住友銀行とゆうちょ銀行のトークン

ゆうちょ銀行と三井住友銀行のトークンも一緒に比較

ちなみに三井住友銀行とゆうちょ銀行のトークンはこんな形です。
ふたつとも緑色の電卓かと思っちゃいますよね^^;

緑色のトークンは電卓のように数字ボタンが並んでいますが、
実際に使うのは1のボタンと☓のボタンくらいです。

1以外の数字ボタンは4桁のPIN設定でワンタイムパスワードの起動用暗証番号を作成するためのもの。
ゴローはこの機能を利用してません。

この暗証番号を忘れると当然ワンタイムパスワードをみることができなくなるし、使っている人いるのかな?^^;

ワンタイムパスワードはメール式が一番使いやすい

たしかに、ジャパンネット銀行の新しいトークンは使いやすいのですが、
ゴローとしては、スマホでワンタイムパスワードを受け取れれば、それがベスト。

あまり物を増やしたくないし、万が一トークンを紛失すると再発行手数料1080円がかかります(電池切れと故障の場合は無償交換)

スマホアプリでワンタイムパスワードを発行している金融機関も多いですが、
機種変更時に前もってワンタイムパスワードの利用解除を忘れずにしておかないと、新機種でトークンが使えなくなることもあるので注意が必要です。

よく利用している大和ネクスト銀行はメールでワンタイムパスワードを送ってくれるので便利です。

以前はキャリアメールでないと対応してくれませんでしたが、
今はGmailなどのフリーメールでも大丈夫です!

メールだとトークンよりセキュリティに問題もあるようですが、セキュリティにはキリがありませんからね。
やはり利便性も大事です。

 


今回もここまで読んでいただきありがとうございました。

-商品レビュー

© 2021 イナカログゴーゴー Powered by AFFINGER5